本記事は 8 分で読むことができます

    「事業計画」・「経営計画」どちらを作るべき?経営者の疑問を8分で解決

    無料プレゼント:
    事業の数字をシミュレーションできる
    『利益計画検討表』

    今すぐ無料ダウンロードする

    記事公開日: 2021.08.06

    会社経営にまつわる計画として、よく取り上げられる「事業計画」と「経営計画」。

     

    しかしながら、

    「この2つは何が違うの?」

    「どちらから作り始めたほうがいいの?」

    「作るとどのような利点があるの?」

     

    など、疑問を抱いている方もいらっしゃるかと思います。

    そこで本記事では、事業計画と経営計画の違いや、作成するメリットについて詳しく解説します。

     

    記事を読み終わった頃には頭の中がスッキリして、自分がどちらの計画を作るべきかが、明確になります。

    事業計画は経営計画の一部

    似たようなものとして捉えられがちですが、事業計画は経営計画の一部として位置づけられます。

     

    事業計画・経営計画関係性

     

    それぞれの特徴は下記の通りです。

     

    事業計画・・・経営目標を達成するための数字を中心とした具体的な行動計画

    経営計画・・・事業計画を包括しつつ、経営理念や未来像も含んだより大きな意味合いの計画

     

    詳細に関しては、以下にて解説します。

    虫の目で見る事業計画

    事業計画は、経営目標を達成するための数字を中心とした具体的な行動計画です。

    5年後・10年後の企業のあるべき姿を達成するために、短期的・戦術的視点からプランを練っていきます。

     

    具体的には、資金運用計画、利益計画、商品別販売計画など、数字に基づく計画が中心です。

    これらの項目からも分かる通り、事業計画は具体的かつ詳細な行動計画を指します。

    鳥の目で見る経営計画

    経営計画は、事業計画を包括しつつ、経営理念や未来像も含んだより大きな意味合いの計画です。

    長期的、戦略的視点を持ち、企業のあるべき姿を見据えた計画といえます。

     

    経営計画には、①長期経営計画(5~10年)、②中期経営計画(3~5年)、③短期経営計画(1年)の3つの区分があります。

    その中でも経営計画といえば、中期経営計画を立てることと認識されている方が多いです。

     

    5~10年で見る長期経営計画

    長期経営計画は、経営理念やビジョン、未来像にもとづき、今後の経営方針や展開する事業分野を定めたものです。

    多くの企業では、企業の将来的な未来像やあるべき姿を明確にするだけにとどまることも少なくありません。

     

    なぜなら、外部環境の変動が激しい現代において、長期スパンでの変化や状況を予測し、行動計画にまで落とし込むことは至難の業だからです。

     

    3~5年で見る中期経営計画

    中期経営計画は、企業が中期的に目指す事業の方向性を定めたものです。

    長期経営計画で策定した内容を実現するために、数年後の売上目標や市場シェア率などの具体的な数値目標を掲げ、その目標を達成するための方針や方法、計画を定めます。

     

    大企業では「中計(ちゅうけい)」と呼ばれることが多く、策定した中期経営計画を、株主などにも公表しています。

     

    1年で見る短期経営計画

    短期経営計画は、中期経営計画に基づき、毎年立てる1年間の具体的な計画のことです。

    業務レベルにまで落とし込み、年間での販売数や売上、仕入数、経費や人件費など細かい項目まで決めていきます。

     

    1つ1つの目標が達成できているかを随時チェックし、問題があれば軌道修正を図ります。

    これらの計画をさらに半期や四半期、月次まで落とし込むこともあります。

    事業計画・経営計画を立てる5つのメリット

    実際に事業計画や経営計画を立てると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

    ここでは代表的な5つのメリットについて解説します。

    ①新たなビジネスチャンスにつながる可能性がある

    1つ目は、新たなビジネスチャンスにつながる可能性があることです。

    計画の作成に必要な市場調査を行う過程で、市場に眠るチャンスに気づくことがあります。

     

    具体的には、内部環境の分析で自社の強みと弱みを把握し、外部環境の分析で競合他社も含めた市場における自社の立ち位置を明確に認識できます。

    市場の動向を把握することで、新たなビジネスチャンスが発掘できるかもしれません。

    ②経営目標の達成に近づく

    2つ目は、経営目標の達成に近づくことです。
    計画を立てることで目標が明確になるため、その達成のために、自社リソースを適切に使えるようになります。


    逆に、計画を持たない企業は、渡航プランのない状態で航海するようなものです。

    かけている労力の割に目標には少しも近づいておらず、次第に社内にも不穏な空気が漂い始めます。

     

    明確な計画を立てることで、経営目標の実現に近づきます。

    ③社員が自ら考え動き出すようになる

    3つ目は、社員が自ら考え動き出すようになることです。

    社員としては、目標が明確になることで行動しやすくなるだけでなく、行動した結果どのような未来が待っているかをイメージできるようになるため、自主的に動き出します。

     

    組織全体に目標を周知することで、一人一人が真剣になって仕事に取り組み、結果的に生産性が向上します。

    目標を明確にするだけで社員がやる気になってくれるのであれば、経営者としては事業計画・経営計画を立てない手はありません。

     

    もちろん、頑張った結果、社員にどんな良い未来が待っているかをキチンと明記する必要はあります。

    ④効率的な経営ができる

    4つ目は、効率的な経営ができるようになることです。

    事業計画・経営計画を通して目標がハッキリしているため、何をするべきなのか、何をしてはいけないのかが明確になっているからです。

     

    計画を立てることで、プランに沿った業務遂行が可能となります。

    仮に想定外の出来事が発生しても、軌道修正を図れば問題ありません。

    ⑤融資など外部からの協力を受けやすい

    5つ目は、融資など外部からの協力を受けやすくなることです。

    事業計画・経営計画を立てることで、金融機関などの利害関係者も、その企業の未来を予測しやすく、協力しやすい体制が整います。

     

    実際、金融機関が融資を検討する際には、融資先の計画を確認します。

    そのため、そもそも計画を作成している場合としていない場合とでは雲泥の差があり、信用度も大きく変わってきます。

    経営計画を作成してから事業計画に着手するのがベスト

    理想論からいけば、経営計画を作成した後に、事業計画を作成するのがベストです。

    なぜなら、事業計画はあくまでも経営計画の一部であり、本来であれば、企業のあるべき姿や未来像から見据えて、その目標を達成するために短期の行動計画(事業計画)を立てるのが望ましいからです。

     

    しかしながら、事業計画だけを作って満足している企業が多いのが現状です。

    というのも、金融機関が融資を判断する際にチェックするのは事業計画だからです。

     

    また中には、売上を上げることに精一杯で、経営計画をじっくり腰を据えて作っている暇がない場合もあります。

    もちろん、全ての企業が経営計画から事業計画を立てられるに越したことはありませんが、そこは企業のステージに合わせて、どこまでやるかを決めていく必要があります。

     

    目先の売上に困っていない企業であれば、ぜひ経営計画から作成することを検討されてみてはいかがでしょうか。

    なお、経営計画の作り方に関しては、下記の記事でも詳しく解説しています。

     

    年間支援実績500社以上の会計事務所がおすすめする中小企業向け経営計画書の作り方5ステップ

    まとめ:自社のステージに合わせて計画を作成しよう

    今回は、事業計画と経営計画の関係性について解説してきました。

    事業計画は経営計画の一部であり、経営計画から事業計画という順番で作成するのが理想的です。

     

    ただし、企業の置かれたステージによっては、事業計画だけしか作っていなかったり、そもそも計画自体を作ったことがないというケースもあるかもしれません。

    いずれにしても、まずは自社がどんな状況にあるのか確認することが重要です。

     

    ぜひ、ご自社に計画があるのか無いのか、あればどこまで作り込んでいるかを確認してみてください。

     

    なお、事業計画の根幹ともいえる数字(利益計画)をシミュレーションできる『利益計画検討表』をご用意しましたので、ぜひ有効活用していただければ幸いです。

    事業の数字をシミュレーションできる

    『利益計画検討表』

    を無料プレゼント

    今すぐ無料ダウンロードする

    いかがでしたか?お気に召したのであればシェアはこちらから。